Subscribe to 暮らしのレシピ Subscribe to 暮らしのレシピ's comments

昨日の満月は綺麗だったなぁ。

満月の日でも、雲が厚いと拝む事が出来ないもんね。

月って、低い位置だと、かなり大きく見えるんだよね。 あれってどういう現象なんだっけ? 昔はあれがメチャ恐怖だったんだよね~。 なんか怖いというか、何か恐ろしい事が起きそうって思って。

小さい頃から、そういうのに不安がる傾向があるの。 だって、温度計の赤い色は、血が入ってると勝手に思い込んでいたし。

私にとって「赤」って恐怖の色だった。 ドラマで赤いシリーズだったけ?そういうのがあったんだよね。 で、手術中のランプが赤い映像とか脳に焼き付いていて。 すごく怖かったな。

あの手術室の入り口のドアが、小学校の体育館の用具室に似ていて 小学校低学年の頃は、なんだか用具室が怖かった記憶ある。

小さい頃の勝手な妄想って、大人になってしまったら なんであんな事思ってたのかなぁ?なんてくらい くだらなかったりするんだよね。

そんな事考えていたのって私だけかな?

小学生の頃、友人のお誕生日会に招待された時の話。

誕生日プレゼントにプラスチック製のバッグの中に 柄入りの折り紙が入っているものをあげたことがあった。

その折り紙、私もとても気に入って、欲しいなぁ~と 思っていたんだ。

いつもは買ってくれないのだけど、あるとき それを親が私にも買ってくれたんです。

本当に嬉しくてね~。 家でワクワクして開けてみたら・・・。 なんと、バッグの中が上げ底になっていて バッグに沢山折り紙入ってると思ったら 内容量の半分しか折り紙なくてビックリしたんだった。

母にも見せたら、いやぁズルイね!って言ってたな(^^;)

子供が相手だからって、そんな商売しちゃダメだよね! 結構な値段してたと思ったけれど。 それでも当時は印刷も日本製で、 今の100円商品とは違うかな?

なんだか懐かしいな。古い文房具屋さんとには ホコリかぶって隅っこに売ってそうだね、そういうの。

もう3月も終わるんだね~。 1年の1/4が終わってしまうんだね。 こうやって振り返ってみたら、本当寒さと雪で苦労した3か月だったな。

例年だったら、3月にもなれば、冬も終わりに近いし、 雪が降ってもすぐ溶けるし・・・って思って 辛抱出来たものだけれど。

今年は、毎週のように、爆弾低気圧がやってきて。 しかもその威力がすごくて、事故も半端なくってね。

春はやってくるとは思っても、 この雪はいつ溶けるんだろう?って思っちゃう。 いつもなら、今時期なら、畑の土も顔出したりする部分もあって そろそろクロッカスが顔を出したりするんだよね。

これじゃ、入学式の時に、春の球根植物も全く顔出してないわ。

いつになったら春の気分満喫出来るのかな?